小児歯科について

小児科について

虫歯は歯垢や歯石の中の細菌が糖を利用して酸を作り、酸によって歯の表面を溶かしてしまう病気です。

乳歯は永久歯に比べて弱く、特に乳歯の虫歯の進行は非常に早いです。 子供の歯の治療は、お子様の年齢や生え変わりの時期、治療への慣れなどによって異なります。

痛みがある場合にはすぐに治療を行う必要がありますが、そうでなければ先ずは慣れる事から始めます。歯医者さんに対する苦手意識が無ければ、その後の治療も簡単に進める事が出来ます。

親御様へ

小児科について

神部歯科医院の近隣(目黒区・世田谷区等)にお住まいの方は、医療証をお持ちいただくと中学生まで医療費(保険診療内のみ)の負担がありません。 それでも欧米に比べて、日本は歯医者さんに通っているお子様が圧倒的に少ないのが現状です。

乳歯の時に虫歯にならなければ、永久歯も虫歯になりにくくなります。 定期的に歯医者さんに通い、しっかりとした虫歯予防を行ってあげることで、お子様のお口をいつまでも健康的でキレイに保つことが出来ます。 また、ご両親も一緒に受診されることでお子様も安心出来ますし、歯医者さんへの慣れ方も違ってきます。

歯医者さん嫌いな大人が多いですが・・・(原因は虫歯が多いからです) 虫歯の無い大人は歯医者さんに対する苦手意識はありません。 お子様のお口を守るのは、最初はご両親の気持ちだと思います。

神部歯科医院の小児歯科の特徴

神部歯科医院の小児歯科の特徴
  • お子様が抵抗無く入れる環境と雰囲気。
  • まずは歯医者さんに慣れてもらいます。
  • ブラッシング指導等を通じて歯磨きの楽しさ、重要性を伝えます。
  • 上手に出来たらご褒美がもらえる?!
  • 保育士資格・幼稚園教諭資格を有したスタッフがいるので、お母様が治療中でもお子様の対応はお任せください。
  • 神部歯科医院ではフッ素を無料にて塗布します!!大切なお子様の歯に虫歯が出来ないようにお手伝いします。
  • ベビーカーを気にされてなかなか来院出来ないお母様のお話を良く耳にします。診療室を広く作っているので、ベビーカーでそのまま診療室内まで入れます。
  • お子様が3人位まででしたら余裕をもって診療室内に入っていただけます。
  • 待ち時間の間はDVDご両親やご兄弟の治療中もお子様に退屈なくお過ごしいただけるようにDVDプレイヤーもあります。

Step 1. カリウンセング

問診・視診にて現在のお口の状態をカウンセリングします。

 

Step 2. 精密検査

年齢や症状により、デジタルレントゲン撮影や口腔内写真撮影をさせていただくこともございます。

 

Step 3. 治療計画

検査結果をもとに、治療方針、期間、費用についてご説明します。矯正についてのご相談もいたします。

 

Step 4. 治療に向けてのトレーニング

初めて歯医者さんに来院されたお子様や歯医者さんが苦手なお子様が、リラックスして治療を受けられるように歯磨きや簡単な治療から行い、歯医者さんに慣れていただきます。

 

Step 5. 治療

虫歯治療や虫歯予防治療(シーラントやフッ素塗布)など、お子様にあった治療をさせていただきます。

 

Step 6. メインテナンス

治療終了後、お口の状態によって定期的にメインテナンスを行います。

シーラント(保険適用)

シーラント(保険適用)

乳歯や生えたての永久歯の奥歯の溝は複雑な形をしています。そのため虫歯になってしまう事があるので、プラスチックで塞いで虫歯予防をする方法の一つです。

フッ素塗布(当院では中学生まで無料塗布)

歯にフッ素を塗って膜を作る事により虫歯から歯を守ります。 乳歯や生えたての永久歯は虫歯になりやすいので、フッ素塗布は虫歯予防に役立ちます。 一回塗れば良いと言う訳では無いので定期的な塗布をお勧めします。

フッ素はどのように歯に良いのでしょうか?

1. 虫歯菌の活動を抑制

虫歯菌の活動を抑えて、歯を溶かす酸を作らないようにする。
また、虫歯菌の栄養となる糖を取り込みにくくする。

2. 酸に負けないために歯質強化

  • 1)耐酸性向上
    歯の表面に働きかけて、より酸に強い歯質にする。
  • 2)う蝕(虫歯)抵抗性
    歯質の弱い場所を修復し、虫歯への抵抗性を高くする。
  • 3)再石灰化
    フッ素は唾液中のカルシウムなどと共に、虫歯菌の出す酸で溶けかかった歯の表面に沈着することによって歯の表面を修復します。
脱灰⇄再石灰化という、不安定なバランスを再石灰化に傾け、虫歯予防効果を高める手助けをするのがフッ素です。
そのため、歯科での定期的なフッ素塗布が有効です。
ご家庭でフッ素入りの歯磨き粉やフッ素入りの洗口剤(うがい薬)を使用するとさらに効果的です。


なぜ歯科医院でのフッ素塗布が必要?

・家庭の物より高濃度

歯科医院でのフッ素塗布に使うフッ素は高濃度のため、特に歯質の強化に効果的です。
それに対して家庭で使用するフッ素は、使い続けることで再石灰化の促進や耐酸性の向上を期待できます。
家庭で使うフッ素
フッ素洗口
フッ素洗口
  • 1日1回30〜60秒ブクブクうがいをする。
  • 寝る前が効果的
    ※うがいができるようになってから使用
フッ素配合歯磨き剤
フッ素配合歯磨き剤
  • 1ペーストタイプ、ジェルタイプ、泡タイプがある。
  • 市販のものよりも歯科専用のものがおすすめ
    (フッ素濃度が高いため)

・歯の生えはじめが効果的

生えたばかりの歯は、未成熟で虫歯になりやすい状態です。その為、歯の生え始めに歯科医院でしっかりとしたクリーニングを行ってから塗布するのが効果的です。

・定期的に行う

フッ素塗布をすれば必ず虫歯にならないということはありません。 毎日の歯磨きと、3〜6ヶ月に1回のフッ素塗布を繰り返し行うことで、フッ素の効果が期待できます。
歯科医院で使うフッ素
歯科医院で使うフッ素
フッ素入りの歯磨剤・洗口剤(歯科専用)の10倍程度の濃度があり、ゲルタイプや泡タイプがあります。

こどもの虫歯治療については、神部歯科医院・小児歯科特設サイトにて更に詳しくご紹介しています。是非ご参照ください。↓ 中目黒の歯医者・神部歯科医院の小児・筋機能矯正専用サイト

また当院では、歯医者が苦手なお子さんでも安心して治療が受けられる、歯を削らない最新虫歯治療「カリソルブ」の適用も可能です。詳しくはこちらをご覧ください。↓ 痛くない、削らない、嫌な音がしない。優しく安全な虫歯治療、カリソルブ。

上唇小帯異常

上唇小帯は、上唇の中央から歯茎に伸びる筋の事です。付着異常は付着部位が低く、場合によっては真ん中の歯の間に入っていて、歯が閉じる事が出来ず離れたままになります。上唇の動きが制限されたり、筋が邪魔をしてブラッシングがしにくかったり傷つきやすい事があります。

当医院では麻酔をしてレーザーで行います、短時間で出血もなく、縫わずにできますので痛みや腫れも少ないです。

施術例

上唇小帯異常 施術例 ビフォー
上唇小帯異常 施術例 アフター

※術後1週間

舌小帯異常

舌小帯は舌の裏側にある筋の事です。筋が短い事によって舌の運動が制限され、授乳困難、言語障害、咀嚼障害などの原因になります。

当医院ではレーザーで行います、短時間で出血もなく、縫わずにできますので痛みや腫れも少ないです。