口腔外科について

口腔外科イメージ画像

口腔内の外科処置です。

主な治療として、親不知や埋まっている歯の抜歯、顎関節症、軟組織手術、硬組織手術、歯の移植、口腔乾燥症等があります。

治療の流れ

Step 1. 初回診察・カウンセリング

問診・視診にて現在のお口の状態をカウンセリングします。

 

Step 2. 精密検査

デジタルレントゲン撮影により、患者様の歯や骨の状態を把握させていただきます。
必要に応じて、血圧測定や血液検査を行う場合もございます。

 

Step 3. 治療計画

検査結果をもとに、治療方法、期間、費用についてご説明します。

 

Step 4. 治療

各口腔外科処置を行います。

 

Step 5. メインテナンス

術後の症状や治癒の経過観察、後戻りなどのメインテナンスを行います。

口腔外科措置

親不知

近年、柔らかいものを食べるようになったせいか、顎の骨が小さくなってきたと言われています。 そのため、正常な位置に生えなくなり、虫歯や歯周病、手前の歯への悪影響、顎関節症や肩こり等の原因にもなります。

埋まっている場合は、麻酔を行なってから歯茎を切って、骨を少し削ってから抜歯を行います。

顎関節症

顎が痛い・顎が鳴る・口が開かないといった症状がみられます。 顎関節症の原因として、噛み合わせや親不知等があります。

お薬やマウスピースで治る場合もあれば、虫歯の治療や親不知の抜歯を行う場合もあります。