インプラントについて

インプラントイメージ画像

フィクスチャーと呼ばれる人工歯根を骨の中に埋め込み、顎の骨としっかりと結合(オッセオインテグレーション)したらアバットメントをフィクスチャーに連結して上部構造(人工の歯)を被せます。

❶ 上部構造(人工の歯)

アバットメントに被せる人工の歯です。

❷ アバットメント

上部構造を装着するためにフィクスチャーと連結する部分です。

❸ フィクスチャー(人工歯根)

チタン製で生体親和性にも非常に優れていて、顎の骨としっかりと結合(オッセオインテグレーション)します。

❹ 歯槽骨

インプラントを埋め込むための土台となります。

インプラントのメインテナンス方法

歯磨き

一番大事なのは患者様ご自身による日々の歯磨きです。歯ブラシだけでなく、歯間ブラシやデンタルフロスなどもご使用いただき、ご自身の新しい歯を大切に磨いて下さい。

定期健診

定期的に当院へ来ていただき、日々の歯磨きでは落としきれない歯石や汚れを落としたり、インプラントの状態や噛み合わせの状態を確認いたします。

インプラント・ブリッジ・入れ歯の比較

  インプラント ブリッジ 入れ歯
審美性
噛み心地 ×
安定性 ×
他歯への影響 × ×
治療期間 ×
費用 ×
利点
  • 自分の歯と同じようで違和感がない
  • 自分の歯と同じような噛み心地
  • 自分の歯と同じような見た目
  • 自分の歯を削らずに治療ができる
  • 食べ物の味や感触もそのまま
  • 取り外しの煩わしさがない
  • 自分の歯に近い噛み心地
  • 入れ歯よりは審美性が良い
  • 入れ歯よりは食べ物の味や感触もある
  • 保険適用
  • 治療期間が短い
  • 多数歯の欠損にも適用
  • 健康な歯を削る必要が無い
  • 取り外しできるので衛生的
  • 保険適用
欠点
  • 手術が必要
  • 保険外なので費用がかかる
  • 治療期間が長い
  • 疾患等によっては行えない場合がある
  • 健康な歯を削って土台にする必要がある
  • 歯が欠損していて、土台になる歯が無い場合には行えない
  • 土台となる歯に負担がかかる
  • 歯の欠損部位によっては、保険適用外になる場合がある
  • バネのかかる歯へ負担がかかる
  • 歯ぐきを被うので、食べ物の味や感触が劣る
  • 違和感がある
  • 発音しにくい場合がある
  • 審美性が良くない
  • 調整が必要
  • 噛む力が本来の状態の30%程

インプラント治療が制限されるケース

  • 顎の骨量が少ない方(骨粗鬆症の方など)
  • 歯周病の方
  • 口腔内のお手入れが出来ない方
  • 全身疾患のある方
  • 糖尿病や高血圧など、慢性疾患のある方
  • 顎の骨の成長が終わってない方(まだ成長段階にある方)
  • チタンアレルギーの方